web制作デザインに関する大事な事

私がweb制作を行う際の手順を簡単に説明します。
まず、何の情報を発信したいのかです。

多くの情報の中から本当に役に立つweb制作 東京のお役立ち情報はこちらのサイトです。

web制作の根幹を成すものと言っていいでしょう。

趣味、特技、商用等色々ありますね。

発信者が何の情報を持たずにweb制作を行うのははっきり言って時間の無駄です。

「強く発信したい情報」を持つことが制作に対する前提条件です。では発信したい情報を視覚化していくにはどうするか。


頭の中にはデザイン案があるはずです。私はまずこれをノートや白紙に簡単に描いていきます。
これを「ワイヤーフレーム」と言います。

ワイヤーフレームは作りたいwebサイトの箱組の土台にもなり得るので一から作る場合は絶対に描き出すことをオススメします。



ワイヤーフレームを描き出すことが出来たらホームページのレイアウトは出来たも同然なのでデザインも容易に出来ます。デザインが出来たので発信したい情報とそれに関連する画像、動画等の素材の準備です。

web制作においてこの素材というのは情報やワイヤーフレームと同様とても重要です。
閲覧者にとっても魅力的であることを感じさせるためにも素材の厳選は絶対と言えます。



また作成や厳選を重ねた素材はwebサイトにとって貴重な財産になり、初めて訪れた閲覧者がリピーターになってくれること間違いなしです。

リピーターの獲得は安定したアクセスを見込めることと今後のwebサイトの発展にも繋がります。
以上のことを纏めると、「何を発信したいのか明確にする事」、デザイン案は絶対に書き出しを行い「ワイヤーフレーム」を作る、掲載する「素材」は厳選するということです。

この三つを心掛けることでwebサイトを作ることができます。